SNSでのマーケティング

なぜSNSでのマーケティングが評価されたか

マスメディアでの場合

実は、マスメディアを利用した方法がいいマーケティング方法だと言われていました。

その理由として、TVや雑誌で取り上げられた商品やサービスが大きくブームになったりもしていたからです。
例えば、人気のある芸能人が、「このお菓子が好きです」とTVで話すと、次の日にそのお菓子が各地で売り切れになったり、人気のモデルさんなどが、「この化粧品を使っています」と雑誌で取り上げると、その化粧品がブームになったりするという現象です。
あとは、TVCMや広告などで取り上げることもその方法の一つですね。

一見、効果が高いように見えますが、実際のところは企業側からするとそうでもなかったのです。
と言うのも、この方法は本格的なマーケティング活動からするとかなり限定的な行為だからです。
また、ここ数年はあまりTVを見ない人たちが増えているということもあります。

SNSの長所

このように、最近はTVなどのマスメディアがあまりあてにされていませんが、それと打って変わるように別の方法が目をつけられています。

それが、SNSでのマーケティングです。
前出のマスメディアに目を向けなくなった層が、SNSでの情報を基にしていろんな流行などを知っていくからです。
特に若者にその傾向が強く見られます。
TVは見なくても、SNSは毎日チェックしているという若者たちにもその情報について目に触れることが可能です。
尚且つ、広まっていくのも早いです。
自分から友達へ、その友達から別の友達へという感じですね。
あわよくば、その日のうちに知られていたりもします。
そんな便利さやスピード性もあわせて、高く評価されています。


この記事をシェアする
TOPへ戻る